コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レセプタクリテス Receptaculites

世界大百科事典 第2版の解説

レセプタクリテス【Receptaculites】

オルドビス紀からデボン紀にかけてのみ産出する,高次分類上の位置が不明な化石の1属。これまで石灰藻有孔虫,カイメン,サンゴ,棘皮(きよくひ)動物と研究史上種々大きく異なる部類に解釈されてきたが,現在は海綿動物に最も近い海生動物と考えられている。骨格の外形は杯状あるいは皿状で,表面には六角形骨片が規則正しく配列して壁を形成し,その内方には4個の枝をもつ柱状構造が発達している。骨片は海綿動物のものと多少似ているが,骨格全体の構造は異なっており,海綿動物に特徴的な溝系をもっていたのかどうかは不明である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レセプタクリテスの関連キーワードオルドビス紀

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android