レティクス(読み)れてぃくす(英語表記)George Joachim Rheticus

  • 1514―1574

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの数学者、天文学者。オーストリアのフェルドキルヒに生まれる。1532年ウィッテンベルク大学に入学し、1536年母校の初等数学講師となる。地動説に対する関心から、1539年から2年間をコペルニクスの下で過ごし、自らが『地動説序説』を著すとともに、師の著『天球の回転について』の公刊を懇願し、執筆の激励、原稿の校正、印刷の斡旋(あっせん)を引き受け、ニュルンベルクの印刷所から刊行した。数学上では10秒置きの正弦表を作成し、ライプツィヒ、ウィーンの大学教授を歴任した。

[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1514年2月16日
オーストリアの数学者,天文学者
1574年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android