コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプリケーション れぷりけーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レプリケーション

データベースのデータのコピーを作成すること。分散型データベースでは、データを管理するコンピューターが分かれているので、テーブル間の整合性をとるためにこの作業が必須になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レプリケーション(replication)

複製。特に、DNA分子の複製の意で用いられる。
コンピューターネットワーク上に同じ機能や内容をもつサーバーデータベースの複製を用意し、負荷を分散して軽減させる仕組み。保存するデータを常に同一のものにするよう、自動的にデータの更新情報をやり取りする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

レプリケーション【replication】

コンピューターネットワーク上で、データベースサーバーの複製を用意し、通信回線やコンピューターにかかる負荷を分散させる仕組み。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

レプリケーションの関連キーワードコーンバーグ(生化学者)データベース管理

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android