コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レルマ公爵 レルマこうしゃくDuque de Lerma

世界大百科事典 第2版の解説

レルマこうしゃく【レルマ公爵 Duque de Lerma】

1553‐1625
スペイン王フェリペ3世寵臣。本名Francisco Gómez de Sandoval y Rojas。フェリペ3世の全面的な信頼を受けて,国王が即位した1598年より20年間にわたって国政を牛耳り,17世紀スペイン政治史上の一大特徴である〈寵臣政治〉の先駆けをつくった。彼は現状維持を政策の基本にし,事を構えることを回避したために,この時期にスペインは比較的平穏な時代を送ることができた。彼が主導した政策としては,対外的には,1609年にオランダと12年間休戦協定を締結したこと,国内では,やはり同年にモリスコ追放令を公布したこと,などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レルマ公爵の関連キーワードフェリペ[3世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android