一族郎党(読み)イチゾクロウドウ

  • いちぞくろうとう
  • いちぞくろうどう ‥ラウダウ
  • いちぞくろうどう〔ラウダウ|ラウドウ〕
  • 一族郎党/一族郎等

大辞林 第三版の解説

血のつながる同族と家来たち。
(比喩的に)家族や関係者の全員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (現代は「いちぞくろうとう」とも)
① 一家一族。
※日月の窓(1957‐58)〈阿部知二〉一「神門家の一族郎党というべきものと主な客人と」
② 家の子と郎等。
※鳥獣戯話(1960‐62)〈花田清輝〉三「固唾(かたず)をのんでいた武田の一族郎党たちも」
③ (比喩的に) 流派、宗派などの組織の全体。
※第4ブラリひょうたん(1954)〈高田保〉上戸・下戸「封建伝統の一門一座という組織、〈略〉その一族郎党の生活を引負わねばなるまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

同じ族関係の者とそれにつき従う者。転じて、有力者に率いられて、それと密接な利害関係にある人々。

[使用例] いくさは凄惨をきわめ、武田の一族郎党たちは、ほとんど死んでしまった[花田清輝鳥獣戯話|1960~62]

[使用例] 妻の道子、女子大に入った娘、高校二年の息子、それにお手伝いさんと、一家五人。にぎやか好きの風越らしく、いかにも一族郎党ひきつれての旅という感じであった[城山三郎*官僚たちの夏|1974]

[解説] 「一族」は一つの血縁の者。「郎党」は家来。現在では「いちぞくろうとう」ともいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一族郎党の関連情報