コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウェンフク レーウェンフクLeeuwenhoek, Antonie van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーウェンフク
Leeuwenhoek, Antonie van

[生]1632.10.24. デルフト
[没]1723.8.26. デルフト
オランダの顕微鏡学者,博物学者。アムステルダムで織物商になったが,やがてデルフトに帰り顕微鏡製作に熱中。拡大率 40倍,さらに 160~270倍の単式顕微鏡をつくり,初めて赤血球の正確な記述,細菌の絵などを残した。汚水,糞便中に微生物を発見。また,イヌの精虫,酵母菌,単子葉植物双子葉植物,ノミ,アリなど多くの小生物を調べ,おもにこれをイギリスロイヤル・ソサエティに報告 (全部で 375編) 。 1680年ロイヤル・ソサエティ会員。なお自作の顕微鏡は 400個以上といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーウェンフクの関連キーワードグスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフ梵舜小田原藩ビターリ(父子)細川幽斎(1534~1610)薄雪物語

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone