コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー治療 レーザーちりょうlaser therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー治療
レーザーちりょう
laser therapy

レーザー光を用いた治療は,レーザー光をメスとして利用する外科的治療と,レーザー光の高エネルギーを直接病変部に照射する治療とに分けられる。レーザーメスは組織に接触しないで切開・止血・凝固ができ,また非常に細かい操作も可能である。そこで細かい操作の要求される脳や,血管が多くて血液の豊富な肝臓などの手術によく利用される。一方,レーザー光の照射は,その高いエネルギーで病変部を焼いて破壊しようというもので,内視鏡を利用して気管支,食道,胃,膀胱などにできた非常に早期の癌に行なわれている。また高齢などで手術に耐えられない患者に適用するケースもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レーザー治療の関連キーワード母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ)レックリングハウゼン病ErYAG laser緑内障(青そこひ)扁平母斑(茶あざ)赤あざ(血管腫)レーザー治療装置角膜レーザー手術前立腺肥大症レーザー加工脈絡膜血管腫老人性色素斑美容皮膚医療硝子体出血レーザー光光学器械喉頭がん歯科治療太田母斑扁平母斑

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーザー治療の関連情報