コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー治療 レーザーちりょうlaser therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー治療
レーザーちりょう
laser therapy

レーザー光を用いた治療は,レーザー光をメスとして利用する外科的治療と,レーザー光の高エネルギーを直接病変部に照射する治療とに分けられる。レーザーメスは組織に接触しないで切開・止血・凝固ができ,また非常に細かい操作も可能である。そこで細かい操作の要求される脳や,血管が多くて血液の豊富な肝臓などの手術によく利用される。一方,レーザー光の照射は,その高いエネルギーで病変部を焼いて破壊しようというもので,内視鏡を利用して気管支,食道,胃,膀胱などにできた非常に早期の癌に行なわれている。また高齢などで手術に耐えられない患者に適用するケースもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーザー治療の関連情報