コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ朝刑律 レちょうけいりつ

世界大百科事典 第2版の解説

レちょうけいりつ【レ朝刑律】

ベトナムのレ(黎)朝時代(1428‐1789)の法典。6巻12章721条または722条から成り,現存するベトナム最古の法典。レ朝では4代タイントン(聖宗)期に制定された洪徳条律(刑律)があり,1767年にこれをほぼ踏襲した《国朝条律》が刊行された。現存する《国朝刑律》(木版)はほぼこの《国朝条律》と内容を同じくするものと考えられる。また《黎朝刑律》(写本)は後代にこれを手写したものであり,《歴朝憲章類誌刑律誌》もこれを収録したものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レ朝刑律の関連キーワード正長称光天皇後花園天皇称光天皇称光天皇北畠満雅後花園天皇黎朝土一揆(つちいっき)朝倉孝景

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android