コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ朝刑律 レちょうけいりつ

1件 の用語解説(レ朝刑律の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レちょうけいりつ【レ朝刑律】

ベトナムのレ(黎)朝時代(1428‐1789)の法典。6巻12章721条または722条から成り,現存するベトナム最古の法典。レ朝では4代タイントン(聖宗)期に制定された洪徳条律(刑律)があり,1767年にこれをほぼ踏襲した《国朝条律》が刊行された。現存する《国朝刑律》(木版)はほぼこの《国朝条律》と内容を同じくするものと考えられる。また《黎朝刑律》(写本)は後代にこれを手写したものであり,《歴朝憲章類誌刑律誌》もこれを収録したものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レ朝刑律の関連キーワード交趾ベトコンベトナム語ホーチミン市越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムのコメ川本邦衛

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone