コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇越律例 こうえつりつれいHoàng-Viêt luât-lê; Code Gia-long

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇越律例
こうえつりつれい
Hoàng-Viêt luât-lê; Code Gia-long

ベトナム,阮朝の始祖嘉隆帝 (Gia-long) が,1812年制定した法典。 22巻,398条。その内容はほとんどまったく中国の大清律例直写にすぎず,したがって,これと現実のベトナムの規範との間に大きなへだたりがあったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうえつりつれい【皇越律例】

グエン(阮)朝ベトナムの中国式法典。ザロン(嘉隆)帝は1802年即位してグエン朝を開創するや,積極的に当時の清朝の行政制度の移入をはかった。法典においても旧来の唐律・明律にベトナム固有法を加味したレ(黎)朝刑律を廃棄して,12年に全390条,22巻からなる皇越律例を定めた。その内容はほとんど清代法典の直写にすぎず,固有法の面影はほとんどないといわれる。したがって,この律例がグエン朝期に実際に機能したとは考えられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇越律例の関連キーワード阮福映

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android