コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ・コンバレル Les Combarelles

世界大百科事典 第2版の解説

レ・コンバレル【Les Combarelles】

フランス南西部,ドルドーニュDordogne県にある旧石器時代の遺跡。1901年にブルイユ,カピタンL.Capitan,ペイロニが調査して,洞窟内の壁画を旧石器時代のものであるとし,パリの学士院もこれを認めた。旧石器時代の洞窟壁画が公認されたのは,これが最初である。洞窟は二つに分かれ,第1洞は長さ237m,幅1.5~2m,高さ1.6~1.75mと細長く,入口から120mのところから壁画(ほとんど線刻画)が始まり,大小さまざまの線刻画が重なりあっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レ・コンバレルの関連キーワードドゥニ ペイロニ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android