コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアール渓谷 ロアールケイコク

デジタル大辞泉の解説

ロアール‐けいこく【ロアール渓谷】

Val de Loire》フランス中部を流れるロアール川流域の渓谷。中流域にはシャンボール城ブロア城アンボアーズ城シュノンソー城ビランドリー城アゼールリドー城など、16世紀頃に王侯貴族が建造したフランスルネサンス建築を代表する城館や庭園が多いことで知られる。2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ロワール渓谷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロアール渓谷の関連キーワードショーモンシュルロアール城シャンボール城館シュベルニー城ソーミュール城アンジェ城ユッセ城ロシュ城シノン城

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android