コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコマイシン leucomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイコマイシン
leucomycin

キタサマイシンともいう。 1953年北里研究所の秦藤樹が,土壌中の放線菌の一種 Streptomyces kitasatoensisから得た国産のマクロライド系抗生物質。グラム陽性菌,一部のグラム陰性菌,スピロヘータ,リケッチア,大型ウイルスに有効とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のロイコマイシンの言及

【抗生物質】より

…内服で与えても吸収がよく,組織移行性が高く,副作用も少ないので,よく用いられる。秦藤樹らによって発見されたロイコマイシン(キタサマイシン),梅沢浜夫らのジョサマイシンもマクロライド系に属し,スピラマイシンもこの系に属する。生物活性,耐性などもエリスロマイシンに類似しており,治療薬として用いられている。…

※「ロイコマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロイコマイシンの関連キーワード抗生物質秦 藤樹扁桃