コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦藤樹 はた とうじゅ

1件 の用語解説(秦藤樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦藤樹 はた-とうじゅ

1908-2004 昭和-平成時代の微生物学者。
明治41年4月13日生まれ。昭和11年北里研究所にはいり,36年所長。37年北里大学長。抗生物質ロイコマイシン,マイトマイシンを発見。大村智(さとし)との共同研究で,平成2年学士院賞。平成16年3月25日死去。95歳。長野県出身。慶大卒。旧姓は藤松。著作に「微生物化学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の秦藤樹の言及

【抗生物質】より

…内服で与えても吸収がよく,組織移行性が高く,副作用も少ないので,よく用いられる。秦藤樹らによって発見されたロイコマイシン(キタサマイシン),梅沢浜夫らのジョサマイシンもマクロライド系に属し,スピラマイシンもこの系に属する。生物活性,耐性などもエリスロマイシンに類似しており,治療薬として用いられている。…

【制癌薬】より

…放線菌の培養ろ(濾)液から分離されたものが多く,核酸合成阻害作用を示す抗生物質は癌治療において実用価値が大きい。マイトマイシンCは日本の秦藤樹らが1956年に放線菌の1種から分離したもので,消化器癌の治療に広く用いられている。造血器への副作用は比較的大きい。…

【マイトマイシン】より

…抗腫瘍抗生物質。1956年秦藤樹らにより,東京都渋谷区の土壌から分離された放線菌Streptomyces caespitosusの培養液中からマイトマイシンAおよびBが見いだされ,その後,若木重敏らによってマイトマイシンCが見いだされた。マイトマイシンCは現在広く臨床的に制癌薬として用いられている。…

※「秦藤樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秦藤樹の関連キーワード再感染有馬啓植村定治郎鵜高重三堀越弘毅柳田友道熊谷英彦佐藤文彦杉山純多好気性微生物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秦藤樹の関連情報