コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロコソフスキー ロコソフスキー Rokossovsky, Konstantin Konstantinovich

2件 の用語解説(ロコソフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロコソフスキー
ロコソフスキー
Rokossovsky, Konstantin Konstantinovich

[生]1896.12.21. ポーランド,スワブタ
[没]1968.8.3. ソビエト連邦モスクワ
ソビエト連邦の軍人。 Rokossovskiiとも書く。ロシアに帰化したポーランド官吏の子で,スターリングラードの戦いで名をあげた。 1917年赤軍に入り将官に昇進したが,1938~41年拘禁された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロコソフスキー
ろこそふすきー
Константин Константинович Рокоссовский Konstantin Konstantinovich Rokossovskiy
(1896―1968)

ソ連の軍人。ポーランド人。第一次世界大戦に兵士として参加し、1917年十月革命時に赤衛隊入隊。1919年より共産党員となる。赤軍の騎兵連隊、騎兵師団の司令官を務める。1938年の赤軍粛清で一時逮捕されたが、第二次世界大戦中は機械化軍団、さらに各方面軍の司令官として活躍した。1944年軍元帥。1949年、ポーランドに招かれ同国の国防相兼副首相となったが、1956年のポーランド政変によるゴムルカの復帰とともに解任、ソ連に帰国、国防次官(1956~1957、1958~1962)を務めた。[藤本和貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロコソフスキーの関連キーワード逆ポーランド記法ポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党アグレーラ津島プレーランドポーランド室内管弦楽団ニンテンドーランドオーランド[諸島]阪東宏

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone