ロザリンドフランクリン(英語表記)Rosalind Franklin

デジタル大辞泉「ロザリンドフランクリン」の解説

ロザリンド‐フランクリン(Rosalind Franklin)

火星探査計画エクソマーズ一環で、ESA(欧州宇宙機関)が開発したローバー。打ち上げ時期は未定。火星の赤道近くにあるオクシア平原に着陸し、地下2メートルまで穴を掘り、土壌分析を行う。DNAの二重らせん構造の発見に寄与した、英国の化学者・結晶学者の名を冠する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android