コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重らせん構造

1件 の用語解説(二重らせん構造の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

二重らせん構造

 ワトソン-クリックモデルともいう.DNA分子構造で,塩基が相補的(グアニンに対してシトシンアデニンに対してチミン)な二本のポリヌクレオチドの分子が互いに逆方向でらせん状の構造を形成している構造.直径2.0nm,10残基ごとに1回転する構造をとる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

二重らせん構造の関連キーワードDNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子遺伝的組換え親子鑑定バイオチップDNAチップ足利事件遺伝暗号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二重らせん構造の関連情報