ロシア軍艦対馬占拠事件(読み)ろしあぐんかんつしませんきょじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア軍艦対馬占拠事件
ろしあぐんかんつしませんきょじけん

1861年(文久1)2月から8月までロシア軍艦ポサドニック号(艦長ビリレフ)が、対馬芋崎(いもさき)近辺の租借権を要求して占拠した事件。その間、対馬藩は対応に追われ、警備にあたった島民が小競り合いの際に被弾し、また艦員に捕らわれた家臣が憤死するなど、緊張が続いた。幕府は外国奉行(ぶぎょう)を対馬に派遣する一方で、ロシア領事ゴシケビチと退去交渉を行い、またイギリスの圧力もあって、ようやくポサドニック号は退去した。この事件は、欧米列強の東アジア進出により日本海と東シナ海を結ぶ対馬の戦略的重要性が高まったために起こったもので、その経緯にイギリスが深く関与したのもそのためである。また、この事件を、幕末維新期の日本の植民地化の危機を示す事例とする見解もある。[荒野泰典]
『日野清三郎著、長正統編『幕末における対馬と英露』(1968・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android