ロスグラシアレス国立公園(読み)ロスグラシアレスこくりつこうえん(英語表記)Parque Nacional los Glaciares

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスグラシアレス国立公園
ロスグラシアレスこくりつこうえん
Parque Nacional los Glaciares

アルゼンチン南部,サンタクルス州南西部にある国立公園。パタゴニア・アンデス山中にあるアルヘンティノ湖ビエドマ湖の周辺一帯を占め,面積 4459km2。 1937年設置。東部は森林・草原地帯で,西部にはフィツロイ山 (3375m) をはじめとする高峰,湖,氷河などがある。ペリトモレノ氷河は今日も成長しており,その末端は湖中にはり出し,一部が割れて浮氷となって湖に浮かび,独特の美しい景観をみせている。グアナコ (野生のラマ) ,チンチラ,シカ,コンドルなどの野生動物が生息する。魚釣りなども楽しめるため,観光客が多く,アルヘンティノ湖南岸のカラファテが観光基地となっている。 1981年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロスグラシアレス‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ロスグラシアレス国立公園】

Parque Nacional Los Glaciares》アルゼンチン南部、パタゴニア地方の国立公園。ペリトモレノ氷河ウプサラ氷河スペガッツィーニ氷河をはじめ、40以上の氷河群がある。総面積4459平方キロメートル。1981年に「ロスグラシアレス」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android