ロダン美術館(読み)ロダンびじゅつかん(英語表記)Musée Rodin, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロダン美術館
ロダンびじゅつかん
Musée Rodin, Paris

フランスの国立美術館。彫刻家ロダンの晩年の仕事場であったパリのオテル・ビロンに,『青銅時代』『カレーの市民』『地獄の門』『接吻』などロダンの代表作のほとんどすべてとデッサン,作品の鋳型などのほか,ゴッホの『タンギー爺さん』を含む印象派の絵画や古代美術のコレクションなどが展示されている。これらはすべて死の前年にロダンが国家に寄贈したもので,美術館として 1916年に発足した。オテル・ビロンはビロン公の邸宅として J.ガブリエルと J.オーベールにより建設された美しい庭園を備えた 18世紀建築の傑作。また,パリ郊外のムードンにあるロダンのアトリエも美術館として公開されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロダン美術館の関連情報