コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッサーノ福音書 ロッサーノふくいんしょRossano Codex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッサーノ福音書
ロッサーノふくいんしょ
Rossano Codex

6世紀に制作された挿絵入り福音書写本。南イタリアのロッサーノ大聖堂所蔵。紫羊皮紙 188葉にマタイ,マルコ両福音書を含む。「エルサレム入城」「ゲッセマネ」など 12点の挿絵と福音書家の肖像,預言者像が描かれている。劇的な描写性,人物の性格的表現などの特徴はウィーンの『創世記』と似るが,より東方的伝統を反映し,部分的にはパレスチナ聖地の壁画の構図を反映するとも考えられている。小アジア,アンチオキアなどで制作されたものと推定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロッサーノふくいんしょ【ロッサーノ福音書 Codex purpureus rossanensis】

イタリア南部,カラブリア州ロッサーノRossanoの司教区美術館蔵の彩飾聖書写本。福音書の一部をおさめる。《ウィーン創世記》と同じく紫羊皮紙に銀文字で本文を書き,挿絵をほどこした豪華な写本で,6世紀,コンスタンティノープルの制作と推定されている。挿絵には,〈ラザロの復活〉〈キリストのエルサレム入城〉〈賢い乙女と愚かな乙女〉〈最後の晩餐〉〈足洗い〉〈ピラトの前のキリストと囚人バラバ〉などの場面が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android