ロットネスト島(読み)ロットネストトウ

デジタル大辞泉の解説

ロットネスト‐とう〔‐タウ〕【ロットネスト島】

Rottnest Island》オーストラリア、西オーストラリア州の州都パースの沖合約20キロメートルにある島。クオッカ(クアッカワラビー)とよばれる小形の有袋類が生息し、島全体が国立公園に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ロットネストとう【ロットネスト島】

オーストラリア西オーストラリア州の港町フリーマントル近郊から西に19kmほどに位置する、インド洋に浮かぶ小さなリゾートアイランド。島にはトカゲ鳥、野生のクオッカと出会える場所があり、餌づけもできる。世界的レベルといわれるすばらしいビーチとでは、シュノーケリングスキューバダイビングサーフィン水泳など、あらゆるマリンスポーツを楽しむことができ、ゴルフなどのスポーツ施設も充実している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android