コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロディー朝 ロディーちょうLodī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロディー朝
ロディーちょう
Lodī

インド,デリー・サルタナット最後の王朝 (1451~1526) 。アフガン系のロディー族がつくった王朝で,インド史上最初のアフガン系王朝。 1451年チムール (帖木児) によるインド侵略後,弱体化したサイイド朝に代ってデリーに都をおいた。 1526年第3代王イブラーヒーム・ロディーはパーニーパットの地で,のちのムガル帝国初代皇帝バーブルと戦い (→パーニーパットの戦い ) ,敗北してロディー朝は滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ロディーちょう【ロディー朝】

インドのデリー王朝最後の王朝(1451~1526)。アフガン系ロディー(Lodī)族が建国。ムガル帝国の創始者バーブルの軍に敗れ滅亡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ロディー朝の関連キーワードシカンダル・ロディーシェール・シャージャウンプル王国ロディーガーデンアフガニスタンルディアーナサンバールデリー王朝シカンドラスール朝サイイド

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android