コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロバツェ ロバツェLobatse

2件 の用語解説(ロバツェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロバツェ
ロバツェ
Lobatse

ボツワナ南東部の町。ガボローネ南南西約 60kmに位置。鉄道,道路交通の要地で酪農の中心地。家畜,食肉,乳製品などの集散地で,近隣諸国へも輸出される。人口2万 5992 (1991推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロバツェ(Lobatse)

ボツワナ南部の都市。首都ハボローネの南約70キロメートル南アフリカとの国境近くに位置する。1960年代、旧ベチュアナランドの首都の候補に挙がった。最高裁判所や、1934年建造の英国国教会の教会がある。食品加工業が盛ん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone