ロバート デスノス(英語表記)Robert Desnos

20世紀西洋人名事典の解説


1900.7.4 - 1945.6.8
フランスの詩人
パリ生まれ。
シュルレアリスム運動に参加し、ブルトンが主宰した集団催眠の実験で、その霊媒的才能を見せる。1930年運動から離脱し、第二次大戦中は対独抵抗運動に加わり、抵抗詩を出版。ゲシュタポに逮捕され、テレジエンシュタットの収容所で病死する。代表作に自動記述的な言葉の遊びを取り入れた「ローズ・セラビィ」(’22年)や性の絶対的自由を唱えた「自由か愛か」(’27年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android