ロプス(英語表記)Rops, Félicien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロプス
Rops, Félicien

[生]1833.7.7. ナムール
[没]1898.8.22. エソンヌ
ベルギーの画家,版画家。少年時代をナムールで過し,のち一家とともにブリュッセルに移り,聖ルカ美術研究所でド・グルーと L.デュボアに師事。 1856年に学生の同人誌『クロコダイル』に協力。以後相次いで小説,雑誌などに石版や銅版による一種悪魔的な挿絵を描き,その高度な技法は高く評価された。 60年頃パリに行き,帰国後ブリュッセルに国際銅版画協会を設立。 74年以降はパリに定住し,T.ゴーチェ,ボルテール,S.マラルメらの作品の挿絵を描いた。 84年にブリュッセルで創立された画家協会"XX(20)"に参加。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android