コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロプス Rops, Félicien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロプス
Rops, Félicien

[生]1833.7.7. ナムール
[没]1898.8.22. エソンヌ
ベルギーの画家,版画家。少年時代をナムールで過し,のち一家とともにブリュッセルに移り,聖ルカ美術研究所でド・グルーと L.デュボアに師事。 1856年に学生の同人誌『クロコダイル』に協力。以後相次いで小説,雑誌などに石版や銅版による一種悪魔的な挿絵を描き,その高度な技法は高く評価された。 60年頃パリに行き,帰国後ブリュッセルに国際銅版画協会を設立。 74年以降はパリに定住し,T.ゴーチェ,ボルテール,S.マラルメらの作品の挿絵を描いた。 84年にブリュッセルで創立された画家協会"XX(20)"に参加。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロプスの関連キーワードブルーム(Robert Broom)サヘラントロプスチャデンシススワルトクランス遺跡ジンジャントロプスホモ・エレクトゥスケーニヒスワルト狩人は都を駆けるアトラントロプステルニフィン遺跡ピテカントロプスダニエル・ロプスヒッポダメイアトゥーマイ猿人メガントロプスパラントロプスポリュフェモスサンギラン遺跡ワイデンライヒミュルティロスオイノマオス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android