コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロコダイル クロコダイル crocodile

翻訳|crocodile

6件 の用語解説(クロコダイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロコダイル
クロコダイル
crocodile

ワニの呼び名の一つで,クロコダイル科のクロコダイル属 Crocodylus,コビトワニ属 Osteolaemus,カビアルモドキ属 Tomistomaの3属に含まれる 13種がその名で呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クロコダイル(crocodile)

ワニ目クロコダイル科の爬虫類(はちゅうるい)の総称。口を閉じても下あごの大きな第4歯が見える。熱帯にすみ、水辺に近づいた動物を襲う。ナイルワニ・イリエワニなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロコダイル

クロコダイル科に属するワニ類の総称。吻(ふん)は細長く,上下の顎の歯は互いにかみ合っており,口を閉じても上下の歯が外側から見える。イリエワニナイルワニなど大型で性質の荒いものが多い。
→関連項目カイマンワニ(鰐)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロコダイル【crocodile】

性質の荒い大型種を含む爬虫綱クロコダイル科Crocodylidaeに属するワニ類の総称。アフリカ中南部,インド,熱帯アジアニューギニアオーストラリア北部および熱帯アメリカの湖沼や河川の淡水に分布し,一部の種は海水中でも生活できメラネシア諸島に及んでいる。5属が含まれる。西アフリカ産の原始的なワニとされるコビトワニOsteolaemus tetraspisは,全長2m足らずの小型でおとなしいが,それ以外はすべて大型で性質が荒い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クロコダイル【crocodile】

ワニ目クロコダイル科に属する爬虫類の総称。アリゲーター科のワニにくらべ、口先は先端にいくにつれて幅が狭くなり、口を閉じた時、下顎の第四歯が外から見える。性質は荒い。ナイルワニ・イリエワニ・アメリカワニなど17種がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロコダイル
くろこだいる
crocodile

爬虫(はちゅう)綱ワニ目クロコダイル科に属するワニの総称。この科Crocodylidaeは、性質の荒い大形種を含む。北部を除くアフリカ、熱帯アジア、ニューギニア島、オーストラリア北部およびアメリカの亜熱帯、熱帯の湖沼や河川の淡水に分布し、一部は海に泳ぎ出てメラネシアに及んでいる。クロコダイルは歯並びの相違でアリゲーター科と分けられるが、両者に例外もみられ、腹面の各鱗板(りんばん)の後部に、濾胞(ろほう)という小さなくぼみがあるのが最大の特徴である。一般に吻部(ふんぶ)が細長くて先端がとがるが、ヌマワニCrocodylus palustrisやコビトワニOsteolaemus tetraspisでは吻部が短く幅広い。全長4~5メートルの大形種が多く、とくにフロリダ半島南部から熱帯アメリカに分布するアメリカワニC. acutus、熱帯アジアからオセアニアに分布するイリエワニC. porosus、北部を除くアフリカ全域、マダガスカル島に分布するナイルワニC. niloticusは最大6~7メートルに達する。他方、西アフリカ産のコビトワニは全長が最大でも2メートル足らずで、性質もおとなしい。クロコダイル科は下あごの関節骨形状の違いから、吻部のきわめて長いガビアル亜科3属3種と、そのほかの2属13種を含むクロコダイル亜科とに分けられ、前者にはかつて別科に分けられていたガビアル属Gavialisも含まれる。夜行性で、性質の荒い種が多いが、人にとってとくに危険なのはイリエワニとナイルワニで、後者は地域によってはそれほど危険視されていない。餌(えさ)はスイギュウやカモシカなどの哺乳類(ほにゅうるい)、魚類、両生類などである。雌が川岸の砂地に巣穴を掘って産卵し、産卵後は卵を守るものが多い。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロコダイルの言及

【ワニ(鰐)】より

…ワニ目Crocodiliaに属する水陸両生の大型爬虫類の総称。世界の熱帯,亜熱帯に分布し,少数が温帯地方にも及んでいる。2科9属23種に分けられる。
[形態]
 ワニ類は水中生活に適応した形態をしており,体は細長くやや扁平で,尾部は長く強大で側扁する。頭部は大きく吻部(ふんぶ)は長く扁平で,隆起した吻端上面には1対の外鼻孔が開口する。眼は大きくて突出し,体を水中に沈めたときには,外鼻孔,眼,耳孔だけが水面上に出る。…

【ワニ(鰐)】より


[系統,分類]
 ワニの祖先型は三畳紀後期の槽歯類から分化し,中生代に繁栄して海洋性を含む多くの大型種が出現した。現生種の分類には諸説があるが,内鼻孔,歯列,鱗板などの構造の相違によって,アリゲーター科Alligatoridaeとクロコダイル科Crocodylidaeの2科に分類されることが多い。アリゲーター科には,ヨウスコウワニ,ミシシッピワニ,メガネカイマン(イラスト),クロカイマンなどが,クロコダイル科にはイリエワニ,ナイルワニ,ガビアル(イラスト),ヌマワニ,アメリカワニなどが含まれる。…

※「クロコダイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロコダイルの関連キーワードオオトカゲ黒鉱マクロコスモス猛禽クロコハートリーズクロコダイルアドベンチャーズウロコダンゴクロコダイル・ロック小台クロコダイル[川]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロコダイルの関連情報