コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロベドゥ族 ロベドゥぞくLovedu

1件 の用語解説(ロベドゥ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロベドゥ族
ロベドゥぞく
Lovedu

南アフリカ共和国北東部,リンポポ州に住むバンツー語系の一民族。トウモロコシモロコシ,雑穀類を栽培し,副次的に狩猟,動物飼育を行なう。近隣のベンダ族ショナ族と文化的には共通する部分が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のロベドゥ族の言及

【雨乞い】より

…雨に生活を依存するアフリカの牧畜民や農民のあいだでは,降雨をつかさどる雨乞師の社会的地位が高い。ロベドゥ族(南アフリカ)の女王は,政治的な首長であると同時に,神から任命されて最高の位についた雨乞師でもある。この女王には補佐役の雨乞師が従っていて,雨を降らせる最高の権限は女王に与えられ,女王の気分の良し悪しが天候に影響し,女王が死ぬとかならず旱魃(かんばつ)が訪れるという。…

※「ロベドゥ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone