コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマン派精神医学 ロマンはせいしんいがくromantische Psychiatrie[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

ロマンはせいしんいがく【ロマン派精神医学 romantische Psychiatrie[ドイツ]】

19世紀前半のドイツに現れた心理主義的傾向の強い精神医学で,精神病は文字どおり心の原因で起こり,身体的病変をともなうにしても二次的な結果にすぎないと主張した。ゆえにこの派の人々を心理主義者Psychikerと呼ぶこともある。中心人物はハインロートJ.C.A.Heinroth(1773‐1843)とイーデラーK.W.Ideler(1795‐1860)の2人で,前者はとくに人間の罪を重く見る神学的論調をかかげ,後者は満たされない情念を基本とする人生史的立場をとったが,これらはいずれも解剖学的・生理学的側面を重視する身体主義者Somatikerからはげしく攻撃され,両派のあいだに盛んな論争が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報