コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力動精神医学 りきどうせいしんいがくdynamic psychiatry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

力動精神医学
りきどうせいしんいがく
dynamic psychiatry

人間の存在を生物・心理・社会的な力の相互的因果関係のなかでとらえようとする方法論による精神医学。精神力学を鍵概念とし,記述精神医学に対する立場であるが,記述精神医学を否定するものではない。力動精神医学の開祖の一人とされる A.マイヤーは,イギリスの H.ジャクソン器質力動論,ドイツの E.クレペリンの記述精神医学,アメリカの哲学者 J.デューイプラグマティズムを統合しようと試みた。ちょうどその頃 (1909) ,S.フロイトがアメリカを旅行し,多くの支持者を得たので,精神分析的精神医学のことを力動精神医学と呼ぶ傾向が強くなった。しかし元来は,20世紀初期のアメリカ精神医学の多面的かつ統合的な方法論をさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りきどうせいしんいがく【力動精神医学 dynamic psychiatry】

精神医学上の一立場をあらわす概念。精神症状や精神現象を把握するのに,ある静的な横断面における状態像を記述し,分類していく記述精神医学descriptive psychiatryに対し,精神現象の成立のメカニズム,意味を縦断的かつ動的に把握,理解しようとする方法をとる。その中心となる理論は,フロイトの精神分析であるが,A.マイヤー精神生物学の考え方も同じ系列に属し,彼のいたアメリカにおいて盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

力動精神医学の関連キーワードカール・アウグストゥス メニンガーピュイゼギュール精神病理学メニンガー作業療法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android