コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマ書 ロマショ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロマ書
ろましょ
The Letter of Paul to the Romans

『新約聖書』六番目の書で、「ローマ人への手紙」とよばれる。パウロが晩年近く(55ころ)コリントからローマのキリスト教会あてに書いた手紙である。彼は早くから未知のこの教会を訪問することを望んでいたが、スペイン伝道に赴く途中でそれを実現しようと企てた。この手紙は訪問の準備のためのもので、彼の神学的自己紹介である。彼の他の手紙に比べ、論述は網羅的かつ体系的。人は信仰のみにより救われるとする彼の持論が強調されるほか、イスラエルの不信仰にもかかわらず、神はイスラエルに与えた約束に誠実であり続けるとする見解のような、他の手紙にはない重要な内容が含まれている。後世に与えた影響がきわめて大きく、アウグスティヌスルター、K・バルトなどから重要視された。[佐竹 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロマ書の関連キーワードガラテヤ人への手紙復活(キリスト教)キリスト教神学畔上 賢造王権神授説ガラテヤ書琉訳聖書塚本虎二佐藤繁彦十字架予定論金教臣佐竹福音原罪恩寵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロマ書の関連情報