コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマ書 ロマショ

3件 の用語解説(ロマ書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロマ‐しょ【ロマ書】

ローマ人(びと)への手紙

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロマしょ【ロマ書】

ローマ人びとへの手紙てがみ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロマ書
ろましょ
The Letter of Paul to the Romans

新約聖書』六番目の書で、「ローマ人への手紙」とよばれる。パウロが晩年近く(55ころ)コリントからローマキリスト教会あてに書いた手紙である。彼は早くから未知のこの教会を訪問することを望んでいたが、スペイン伝道に赴く途中でそれを実現しようと企てた。この手紙は訪問の準備のためのもので、彼の神学的自己紹介である。彼の他の手紙に比べ、論述は網羅的かつ体系的。人は信仰のみにより救われるとする彼の持論が強調されるほか、イスラエルの不信仰にもかかわらず、神はイスラエルに与えた約束に誠実であり続けるとする見解のような、他の手紙にはない重要な内容が含まれている。後世に与えた影響がきわめて大きく、アウグスティヌスルター、K・バルトなどから重要視された。[佐竹 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロマ書の関連キーワードエペソ人への手紙コリント人への手紙コロサイ人への手紙パウロローマ人への手紙ローマンローマ教会ローマンノーズ判事への手紙古代ローマ人の格言

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone