コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンイエン(竜岩)地区 ロンイエンLongyan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンイエン(竜岩)〔地区〕
ロンイエン
Longyan

中国華東地方,フーチエン (福建) 省南西部の地区。西のチヤンシー (江西) 省との境にウーイーシャン (武夷山) 山脈が連なるほか,ほとんどが山地,丘陵地で,西半はティン (汀) 江,東半はチウロン (九竜) 江の上流域にあたる。ロンイエン市ほか 6県からなり,行政中心地はロンイエン市にある。米とサツマイモを中心にナンキンマメ,れんこん,茶,タバコ,大豆を産する。ヨンティン (永定) 県は良質の葉たばこ,シャンハン (上杭) 県は水煙糸 (水たばこ用刻み葉) を特産する。林産物も豊富で,用材,竹材のほかに,シイタケ,干したけのこ,漢方薬材などを産する。地下資源に恵まれ,ロンイエン県とチャンピン (漳平) 県を中心に石炭と鉄とが広く埋蔵される。リエンチョン (連城) 県は陶石と孔雀石を産する。工業はロンイエン市に集中するが,製紙や窒素肥料などの小型工場が各県につくられている。1927~37年の第2次国内革命戦争で革命根拠地となった地域である。インシヤ (鷹厦) 鉄道と,その支線が通っている。2008年ヨンティン県はじめ周辺地域に点在する土楼が,福建土楼として世界遺産の文化遺産に登録された。人口 268万2690 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロンイエン(竜岩)地区の関連キーワードチャンティン(長汀)県シャンハン(上杭)県福建土楼

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android