コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン・コレクション London Collection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンドン・コレクション
London Collection

おもにイギリスのファッション・デザイナーがシーズンにさきがけて作品を発表するショー。スタートは 1980年代に入ってからであるが,ポップで遊びのあるスタイルを打ち出し,それまでの自然発生的なロンドン・ストリート・ファッションに取って代わる存在として注目されている。開催は 2月と 9月。代表的デザイナーにはキャサリン・ハムネット,ジョン・ガリアーノ,ジャスパー・コンラン,ビビアン・ウェストウッドらがいる。若手の活躍が目立つコレクションでもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンドン・コレクション
ろんどんこれくしょん
London collection

ロンドンで毎年開催される、シーズンに先駆けた既製服を発表するファッション・ショーや展示会の通称。正式名称はロンドン・ファッションウィークLondon Fashion Week(LFW)。メイン会場はテムズ川沿いのサマセットハウスで、150社にのぼる服飾関係の展示会やショーが開かれる。女性向けが2月(秋冬向け)と9月(春夏向け)の期間で行われ、2012年からは、男性向けがロンドンコレクションズメンLondon Collections:Menとして独立し、毎年1月(秋冬向け)と6月(春夏向け)に開催されている。主催は非営利組織ブリティッシュ・ファッション・カウンシル(BFC:British Fashion Council)。
 1975年に開かれたニューウェーブNew Waveとよばれる合同展示会が発端となり、1984年にLFWとしての1回目が開催された。当初は1960~1970年代にロンドンで流行した、モッズルックやパンクファッションの影響を色濃く残した独特のファッションスタイルで一世を風靡(ふうび)した。一時は著名デザイナーのパリ・コレクション進出によって低迷したが、1990年代後半からはニュージェン(ニュー・ジェネレーション・デザイナーズ)とよばれる若手デザイナーの活躍によって復活した。これにはイギリス政府が打ち出したクール・ブリタニアCool Britannia施策により、斬新(ざんしん)な文化における規制緩和や振興策がとられたことが大きく影響しているとされる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロンドン・コレクションの関連キーワードキャサリン ハムネットフセイン チャラヤン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンドン・コレクションの関連情報