コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンナン(隴南)地区 ロンナンLongnan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンナン(隴南)〔地区〕
ロンナン
Longnan

中国西北地方,カンスー (甘粛) 省南端の地区。行政中心地のあるウートー (武都) 県など9県から成る。チベット (西蔵) 高原の縁辺部にあり,東をチンリン (秦嶺) 山脈,西をミン (岷) 山にはさまれて,平均標高は 2000mをこえる。チャン (長) 江水系のチヤリン (嘉陵) 江の支流パイロン (白竜) 江が中央部を流れる。中国の自然条件を南北に二大別する境界線上にあり,山地には森林が繁茂し,アブラギリナンキンハゼ,タケなど暖地性の植物が多い。薬草が豊富なことでも知られる。コムギのほかトウモロコシの生産が急速に増大し,ウシ,ウマ,ヒツジなどの畜産も発達。人口 241万 1553 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロンナン(隴南)地区の関連キーワードホイ(徽)県

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android