コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミン Min

世界大百科事典 第2版の解説

ミン【Min】

古代エジプトの神。牡牛の生殖力の化身,肥沃多産の神で,収穫に先立って開かれる祭礼においてはチシャ(その汁には催淫効果があると信じられていた)がささげられた。右手を上に折り曲げ,王権の象徴たる殻竿(からざお)を持ち,左手は衣服の下に差し入れて巨大な勃起した聖なる男根を握り,頭に大きな二つの羽根飾を付け,直立した姿で表される。信仰の本拠はコプトスとパノポリスで,いずれも神殿が残る。ギリシア人パンと同一視し,ルクソールにおいては,アメン神がミンの姿で表された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミンの言及

【メネス】より

…上エジプト王国の王で,下エジプトを征服して王国統一を実現したと伝えられる。ヘロドトスの《歴史》ではミンMinと記され,上・下エジプトの境界近くに統一国家の新都〈白い壁〉(のちのメンフィス)を建設し,上流に築いた堤防で河流を変え,増水の害から町を守ったとされる。同時代史料のどの王にあたるかについては論争があり,古くは有名な化粧板(パレット)に下エジプトの征服者として現れるナルメルNarmer王とする説が有力であったが,近年ではメンフィスの墓地サッカラに最初の大王墓を造営した次王アハAhaとする説がヘロドトスの伝承に合致するとして有力である。…

※「ミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミンの関連キーワードシティオブウエストミンスター区新・別巡検3~破邪の英雄~ハミエット ブルーイットクーティエン(古田)ダムウエストミンスター大聖堂ストリーミングサーバードン バターフィールドカーティス ポーターミンガラゼディパヤーチャールズ・ミンガスダニー リッチモンドエリック ドルフィーマックスミンルールズオン・バン・ミンウエストミンスター聖マーガレット教会プラスミノーゲンミングォンパヤーミンカバーパヤー八月のラヴソング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミンの関連情報