コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンキンハゼ Sapium sebiferum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンキンハゼ
Sapium sebiferum

トウダイグサ科の落葉高木で,中国大陸原産。葉は長い柄があって互生し,菱形に近い卵形で,長さ,幅とも4~8cmある。全縁で先端は尾状に伸びる。下面白みを帯びる。雌雄同株で,6~7月に若枝の先に長さ5~10cmの総状花序をつける。小花は黄色で香気があり,花序の上部に雄花を多数,下部に雌花を少数つける。果実は3稜をもった扁球形で,11月頃黒褐色に完熟すると開裂し,半球形白色のろう質でおおわれた種子を出す。種子からろうや油をとるほか,暖地では庭木や街路樹として栽植される。紅葉が美しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナンキンハゼ

トウダイグサ科の落葉高木。中国,台湾の原産で,日本では暖地に栽植される。葉は菱形状卵形で先は尾状となり,基部に2個の蜜腺があって,裏面は白っぽい。秋,紅葉する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンキンハゼ
なんきんはぜ / 南京櫨
[学]Sapium sebiferum (L.) Roxb.

トウダイグサ科の落葉高木。高さ10~15メートル。樹皮は灰褐色、初めは平滑である。葉は互生し、卵状菱(ひし)形で長さ4~7センチメートル、先は尾状にとがり、全縁、やや革質で葉脈は突出しない。葉柄は長さ4~6センチメートル、上部の葉身との間に二腺点(せんてん)がある。雌雄同株。6~7月、枝先に長さ5~15センチメートルの総状花序をつくり、花弁のない小さな黄色花を開く。雄花は花序の上部に多数つき、雌花は基部に数個ある。果実は扁球(へんきゅう)形の(さくか)で長さ約1センチメートル、幅1.5センチメートル、3稜(りょう)があり、3室にそれぞれ種子が1個入っている。11月ころ黒褐色に熟し、3裂して種子を現す。種子は広卵形で長さ約7ミリメートル、蝋質(ろうしつ)白色の種衣に包まれる。中国原産。紅葉が美しく、暖地の街路樹、公園樹に植栽され、種子から蝋や乾性油をとる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナンキンハゼの関連キーワードロンナン(隴南)地区ホイ(徽)県烏桕・烏臼特用樹種小林義雄琉球黄櫨唐黄櫨支那脂灯火烏臼烏桕

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナンキンハゼの関連情報