ローケア(読み)ろーけあ(英語表記)rochea

  • Rochea coccinea DC.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンケイソウ科(APG分類:ベンケイソウ科)の多年草。ロケア、クレナイロケアともいう。南アフリカ原産で、不耐冬性の多肉植物である。葉はやや多肉質で、十字対生にきちんと並んでつく。5~6月、茎の頂部に散形状花序をつくり、小さな緋紅(ひこう)色の5弁花を開く。繁殖は3~4月、挿芽で行う。生育初期に1、2回摘心し、夏季は冷涼な気候を好むので15℃前後がよい。冬季は日中20℃、夜間6~8℃の温度を保つ温室やハウスで越冬させる。普通5、6号鉢で栽培し、生育中は十分日に当てる。

[鶴島久男 2020年3月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android