ローケア(読み)ろーけあ(英語表記)rochea

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローケア
ろーけあ
rochea
[学]Rochea coccinea DC.

ベンケイソウ科の多年草。南アフリカ原産で、不耐冬性の多肉植物である。葉はやや多肉質で、十字対生にきちんと並んでつく。5~6月、茎の頂部に散形状花序をつくり、小さな緋紅(ひこう)色の四弁花を開く。繁殖は3~4月、挿芽で行う。生育初期に1、2回摘心し、夏季は冷涼な気候を好むので15℃前後がよい。冬季は日中20℃、夜間6~8℃の温度を保つ温室やハウスで越冬させる。普通5、6号鉢で栽培し、生育中は十分日に当てる。[鶴島久男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android