コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローケア ろーけあrochea

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローケア
ろーけあ
rochea
[学]Rochea coccinea DC.

ベンケイソウ科の多年草。南アフリカ原産で、不耐冬性の多肉植物である。葉はやや多肉質で、十字対生にきちんと並んでつく。5~6月、茎の頂部に散形状花序をつくり、小さな緋紅(ひこう)色の四弁花を開く。繁殖は3~4月、挿芽で行う。生育初期に1、2回摘心し、夏季は冷涼な気候を好むので15℃前後がよい。冬季は日中20℃、夜間6~8℃の温度を保つ温室やハウスで越冬させる。普通5、6号鉢で栽培し、生育中は十分日に当てる。[鶴島久男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローケアの関連キーワードベンケイソウ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android