コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローストフト Lowestoft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローストフト
Lowestoft

イギリスイングランド東部,サフォーク県北東端,ウェーベニー地区の町。ノリッジの南東約 35kmにあり,北海に面する。イギリスの最東端,ローストフト岬にデーン人が集落を形成したことに始まる町で,漁港として繁栄。1757~1802年にはローストフト焼と呼ばれる軟質磁器を生産し,ヨーロッパやアメリカ大陸に輸出していた。1847年にロンドン,ノリッジからの鉄道が通じてから急速に発展し,人口も急増。漁業が盛んで,海浜保養地として観光も重要。軽工業も行なわれる。人口 6万8340(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローストフトの関連キーワードイーストアングリア地方ナッシュブリテン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android