コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロービジョン

2件 の用語解説(ロービジョンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ロービジョン

世界保健機関(WHO)の定義では、両眼の矯正視力0・05以上0・3未満。斜視や屈折異常などの「医学的弱視」と区別し、「教育的弱視」「社会的弱視」とも言われる。部分的にしか見えない、中心だけ見えないなど、視野にも障害があるが、残っている視機能を使えば、社会生活が可能とされる。日本眼科医会は国内に約100万人いると推定している。

(2007-09-15 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロービジョン
ろーびじょん
low vision

視力障害が高度に認められ、矯正困難で日常活動や社会生活に支障はあるが、まだ視力は残存して活用できる可能性がある状態。世界保健機関(WHO)の分類では矯正視力0.05以上0.3未満の状態。リハビリテーションの分野では残存視力を活用できるレベルであるため低視力と表現される。医学用語としての弱視とは区別して用いられる。こうした視力障害に対しては、残された視力を使って生活できるよう援助する、医療と福祉両面からのロービジョンケアが重要となる。特別な屈折および調節補正レンズなど視覚補助具の利用、照明のくふう、社会資源や福祉制度の利用など、情報提供や助言とともに指導や訓練を行う。またノーマライゼーションの観点からの街づくりなども視野に入れる必要がある。日本ロービジョン学会に属する医師や視能訓練士ほか医療従事者、福祉専門職が全国の医療施設や福祉施設などでケアにあたっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロービジョンの関連キーワードICD国際疾病分類蟻田功健康寿命高血圧高齢者精神障害GMPIARCCIOMS

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロービジョンの関連情報