ローボール・テクニック(読み)ろーぼーる・てくにっく

知恵蔵mini「ローボール・テクニック」の解説

ローボール・テクニック

最初好条件だけを提示して相手の承諾を得た後に、相手にとって都合の悪い条件を付け加えたり、先に提示した好条件の一部を取り除いたりする手法のこと。特典除去法、承諾先取り法とも言う。条件や要求ボールにたとえ、“相手が受け取りやすい低いボールから投げる”というところからその名がついた。人は一度決心した行動や発言信念などを貫くべく行動するという、行動心理学で「一貫性原理」と呼ばれる原理を利用している。例えば、特売の広告に惹かれて来店した客が、特売対象品は品切れであったものの、「せっかく来たのだから」と結局は特売対象外の商品を購入する、といった事例である。この手法は詐欺行為などに悪用されることもある。

(2019-9-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android