ローボール・テクニック(読み)ろーぼーる・てくにっく

知恵蔵miniの解説

ローボール・テクニック

最初に好条件だけを提示して相手の承諾を得た後に、相手にとって都合の悪い条件を付け加えたり、先に提示した好条件の一部を取り除いたりする手法のこと。特典除去法、承諾先取り法とも言う。条件や要求をボールにたとえ、“相手が受け取りやすい低いボールから投げる”というところからその名がついた。人は一度決心した行動や発言、信念などを貫くべく行動するという、行動心理学で「一貫性原理」と呼ばれる原理を利用している。例えば、特売の広告に惹かれて来店した客が、特売対象品は品切れであったものの、「せっかく来たのだから」と結局は特売対象外の商品を購入する、といった事例である。この手法は詐欺行為などに悪用されることもある。

(2019-9-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android