コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロール雲 ロールぐもroll cloud

百科事典マイペディアの解説

ロール雲【ロールぐも】

ローター雲,うね雲とも。層積雲がいくつもの巻物または丸い棒のように平行して並んでいる場合にいう。水平な軸のまわりに回転する気流によって生じる。雄大積雲または積乱雲をとり巻いて巨大なドーナツ状にできるアーチ雲も同様な原理でできる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ロールぐも【ロール雲】

ロール-パンのような形をした雲。主に山の風下側に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ロール雲の関連キーワードローター雲ウェーブフェーンロールパン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android