コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層積雲 そうせきうんstratocumulus

翻訳|stratocumulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層積雲
そうせきうん
stratocumulus

下層に属し,地表付近から 2kmくらいの範囲に現れる団塊状の略号 Sc。積雲から変化して現れることが多い。おもな形状に,モザイク状,ロール状,レンズ状がある。山の上から見える雲海には,この雲が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうせき‐うん【層積雲】

十種雲形雲級)の一。団塊状または長い畝(うね)のように層状に集まった、灰色か白色の雲。全天を覆うことが多く、500~2000メートルの高さに現れる。略号はSc。曇り雲。畝雲(うねぐも)。叢雲(むらくも)。→雲級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

層積雲【そうせきうん】

下層雲の一種。500〜2000mの高さに現れる団塊状の雲で,灰色または白みがかった雲塊が層になっている。雲塊はつながっていたり離れたりしていて,規則正しく配列している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そうせきうん【層積雲】

地表から高さ2000メートルくらいの範囲に浮かぶ、水滴から成る雲。団塊状の雲が層状に並ぶ。日中は雲頂が発達して積雲になり、夕刻近くになるとしぼむ。うねぐも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

層積雲
そうせきうん

下層雲の一種で、曇りの日にみられる。記号Sc。きれぎれになった雲の塊が広い範囲にわたって空を覆う場合、雲の塊が波のように規則的に並んでいる場合、あるいは雲が層状に広がっているが、団塊状または波状の濃淡が見える場合などがある。いずれの場合も、雲の一部に暗い部分がある。高積雲に似ているが、現れる高度が低く、雲塊、または波の間隔が角度にして五度以上と高層雲より大きい。曇(くもり)雲、畝(うね)雲、かさばり雲などとよばれることがある。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

層積雲の関連キーワード乳房雲(ちぶさぐも)オホーツク海気団気象衛星雲型判別クローズドセルカルマン渦列はちの巣雲放射状雲温暖前線十種雲形ロール雲つるし雲レンズ雲乳房雲波状雲尾流雲塔状雲層状雲気団雲頂水滴

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android