コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層積雲 そうせきうん stratocumulus

翻訳|stratocumulus

5件 の用語解説(層積雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層積雲
そうせきうん
stratocumulus

下層雲に属し,地表付近から 2kmくらいの範囲に現れる団塊状の。略号 Sc。積雲から変化して現れることが多い。おもな形状に,モザイク状,ロール状,レンズ状がある。山の上から見える雲海には,この雲が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうせき‐うん【層積雲】

十種雲形(雲級)の一。団塊状または長い畝(うね)のように層状に集まった、灰色か白色の雲。全天を覆うことが多く、500~2000メートルの高さに現れる。略号はSc。曇り雲。畝雲(うねぐも)。叢雲(むらくも)。→雲級

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

層積雲【そうせきうん】

下層雲の一種。500〜2000mの高さに現れる団塊状の雲で,灰色または白みがかった雲塊が層になっている。雲塊はつながっていたり離れたりしていて,規則正しく配列している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

そうせきうん【層積雲】

地表から高さ2000メートルくらいの範囲に浮かぶ、水滴から成る雲。団塊状の雲が層状に並ぶ。日中は雲頂が発達して積雲になり、夕刻近くになるとしぼむ。うねぐも。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

層積雲
そうせきうん

下層雲の一種で、曇りの日にみられる。記号Sc。きれぎれになった雲の塊が広い範囲にわたって空を覆う場合、雲の塊が波のように規則的に並んでいる場合、あるいは雲が層状に広がっているが、団塊状または波状の濃淡が見える場合などがある。いずれの場合も、雲の一部に暗い部分がある。高積雲に似ているが、現れる高度が低く、雲塊、または波の間隔が角度にして五度以上と高層雲より大きい。曇(くもり)雲、畝(うね)雲、かさばり雲などとよばれることがある。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

層積雲の関連キーワード生活形地表水外核地表地表植物挺空植物露岩トロポポーズ粗度定数(地表面)夜間放射

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone