層積雲(読み)そうせきうん(英語表記)stratocumulus

翻訳|stratocumulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下層に属し,地表付近から 2kmくらいの範囲に現れる団塊状の。略号 Sc積雲から変化して現れることが多い。おもな形状に,モザイク状,ロール状,レンズ状がある。山の上から見える雲海には,この雲が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

十種雲形(雲級)の一。団塊状または長い畝(うね)のように層状に集まった、灰色か白色の雲。全天を覆うことが多く、500~2000メートルの高さに現れる。略号はSc。曇り雲。畝雲(うねぐも)。叢雲(むらくも)。→雲級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下層雲一種。500〜2000mの高さに現れる団塊状の雲で,灰色または白みがかった雲塊が層になっている。雲塊はつながっていたり離れたりしていて,規則正しく配列している。十種雲形の一つで国際式略記号はSc。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下層雲の一種で、曇りの日にみられる。記号Sc。きれぎれになった雲の塊が広い範囲にわたって空を覆う場合、雲の塊が波のように規則的に並んでいる場合、あるいは雲が層状に広がっているが、団塊状または波状の濃淡が見える場合などがある。いずれの場合も、雲の一部に暗い部分がある。高積雲に似ているが、現れる高度が低く、雲塊、または波の間隔が角度にして五度以上と高層雲より大きい。曇(くもり)雲、畝(うね)雲、かさばり雲などとよばれることがある。

[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 十種雲形の一つ。板状・塊状などの雲片が集まってできた白または灰黒色の雲。対流圏の下層に見られ、冬によく現われ、くもった感じがする。くもり雲。うね雲。重なり雲。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android