コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高積雲 こうせきうんaltocumulus

翻訳|altocumulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高積雲
こうせきうん
altocumulus

中層に属し,小さな雲の塊が,斑状や数本の帯状に並んだ形の略号 Ac。おもに水滴からなるが,一部氷晶の場合もある。通常上空 2~7kmくらいの高さに現れるが,極地方では 2~4km,熱帯地方では 2~8kmの高さに現れる。白色または灰色で,陰影はあったりなかったりする。ときに彩雲が見えることがある。日本の俗称では,ひつじ雲うろこ雲さば雲といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐せきうん〔カウ‐〕【高積雲】

十種雲形(雲級)の一。白色または灰色をした丸みのある雲塊が規則的に並び、ふつう2~7キロの高さに現れる雲。主に水滴からなる。略号はAc。羊雲(ひつじぐも)。叢雲(むらくも)。斑雲(まだらぐも)。→雲級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高積雲【こうせきうん】

高度2000mから7000mに現れる雲。十種雲形の一つで中層雲に属する。薄板状か団塊状の雲片が層または斑の群をなし,規則正しく並んでヒツジの群のように見えることもある。
→関連項目ひつじ雲まだら雲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうせきうん【高積雲】

対流圏の中層に現れる雲の一種。巻積雲にくらべ、一つ一つの雲塊が大きい。太陽があると、光環現象が見られ、また彩雲となることがある。大まだら雲。羊雲。だんだら雲。記号 Ac  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高積雲
こうせきうん

高度2~7キロメートルに発生する中層雲。記号Ac。水滴でできている。空一面または半面を覆う雄大な広がりをもち、巻積(けんせき)雲に似た規則的な模様が見られる。模様は、小さな積雲の集団からなる場合と、ロール状の雲塊が岸に打ち寄せる波のように並んでいる場合がある。模様のすきまから青空が見えることが多い。巻積雲に比べて、模様の間隔が広く、雲が厚いので灰色に見えることがある。雲海は、山頂から高積雲を斜めに見下ろしたものである。まだら雲、ひつじ雲、大河原雲などとよばれることがある。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高積雲の関連キーワード高曇り・高曇はちの巣雲つるし雲レンズ雲ロール雲放射状雲いわし雲穴空き雲尾流雲対流圏房状雲真珠雲層状雲雲の穴乳房雲波状雲塔状雲群雲高曇光冠