コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレツ Roretz,Albrecht von

朝日日本歴史人物事典の解説

ローレツ

没年:1884.7.20(1884.7.20)
生年:1846.12.19
明治期に来日したお雇い外国人。オーストリア人教師。ウィーン大で内科・外科学博士号取得。明治7(1874)年来日。来日時にオーストリア・ハンガリー公使館付医官の肩書を申請し許可された。横浜居留地で診療のかたわら西日本各地,上海を旅行。9年愛知県公立病院同医学校,13年石川県立医学校,同年9月山形県公立病院済生館同医学寮教頭にそれぞれ就任。ドイツ医学の地方普及に貢献した。15年帰国。講義録に皮膚病学,薬剤学,顕微鏡学がある。<参考文献>安井広『愛知県公立医学校におけるフォン・ローレツの事蹟』(『日本医史学雑誌』23巻1号),田中英夫「Alb von Roretz考1~4」(『名古屋大学史紀要』1989~93)

(小形利彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ローレツの関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)ウィリアムズキンダークロイツァー洪英植ジョイナートルーマンブリスクヘリゲルリデル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android