ローレンス・カー オリビエ(英語表記)Laurence Kerr Olivier

20世紀西洋人名事典の解説

ローレンス・カー オリビエ
Laurence Kerr Olivier


1907.5.22 - 1989.7.11
英国の俳優,演出家。
サリー州ドーキング生まれ。
15歳で初舞台を踏み、1937年オールド・ビッグ劇団に参加、「ハムレット」、「マクベス」などでシェークスピア役者としての名声を確立する。「嵐が丘」主演以後、英米の映画界のスターとしても幅広く活躍。シェークスピア劇の映画化では監督も兼ねて、優れた成果を収めた。’63年ナショナル・シアターの初代芸術監督を務め、’70年には俳優では初めてロード(一代貴族)の爵位を授与される。ビビアン・リー、ジョーン・プロウライトと結婚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android