コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイエスじゅういち YS11

世界大百科事典 第2版の解説

ワイエスじゅういち【YS11】

第2次世界大戦後の日本で初めて開発された双発ターボプロップ輸送機。エンジン,プロペラその他若干の装備品を除いて国内のメーカーが協同して設計製作した。YSは設計にあたった輸送機設計協会の頭文字,11は機体1号,エンジン1号の意味だから,本来は“いちいち”と読むのが正しい。原型機は1962年8月30日に初飛行。戦後最初の国産輸送機のため開発は難航したが,ターボプロップ双発,大直径プロペラをつけて低速の推力を増大して離陸滑走距離を1000m程度に下げ,客席数を60(最大64)と当時の中型輸送機より10席近く多くしたため,国内はもちろん,アメリカを含む外国からも注文があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のワイエスじゅういちの言及

【航空宇宙工業】より

…以来25年間,日本の航空機工業はアメリカの強力な支援を受けながら,戦闘機,軍用機,エンジンなどのライセンス生産を懸命にこなして,新しい技術の修得に努めた。その成果は,まずジェット練習機T1の独自開発,次いで,初の国産旅客機であるYS11型機となって結実した。YS11は64‐74年に182機生産されただけで,事業としては失敗に終わったが,その後の航空機技術の発展に大きく貢献し,1965年以降,各種の国産機の開発が推進されるようになった(たとえば三菱重工業のMU2型機)。…

【日本航空機製造[株]】より

…日本初の国産の民間航空輸送機YS11の開発・生産・販売のために,1959年に〈航空機工業振興法〉(1958公布)に基づき設立された半官半民の特殊法人。83年解散。…

※「ワイエスじゅういち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワイエスじゅういちの関連キーワードYS

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android