コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸送機 ユソウキ

5件 の用語解説(輸送機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆそう‐き【輸送機】

人や貨物などを輸送するための飛行機

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輸送機【ゆそうき】

人,物の輸送を目的とする大型の飛行機。民間用は旅客機と貨物機に分けられ,最近は航空貨物の増大に対応する貨物機の発達が著しい。軍用輸送機は米国のC5Aのように有効積載量120tに及ぶ超大型もあり,戦車,大砲など大容積のものが積めるよう,胴体頭部や尾部を観音開きにするものもある。
→関連項目軍用機C17グローブマスターIII輸送機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆそうき【輸送機】

人や貨物の輸送をおもな用途とする飛行機。航空会社などで使われる民間輸送機(商用機ともいう)transportと,軍で使われる軍用輸送機carrierとがある。
[民間輸送機]
 民間輸送機は,主として旅客の輸送を目的とする旅客機と貨物の輸送を目的とする貨物機に大別されるが,大半は旅客機で,貨物機は旅客機として設計された機体の改造型が多い。旅客機にも一般に客室の床下に貨物室があり,乗客の手荷物のほかに貨物も積むが,貨物機は床上も貨物室とし,大型の貨物ドアをつけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆそうき【輸送機】

物資・人員などを輸送するための飛行機。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸送機
ゆそうき
transport plane

人員や貨物の輸送を目的とした航空機。民間用の旅客輸送を主体としたものは一般に旅客機とよばれている。軍用の輸送機は、第一次世界大戦後に民間旅客機の発達に促されるような形で空軍のなかに定着した。すなわち、旅客機として開発された機体が軍でも輸送用に使われたわけで、この傾向は第二次世界大戦まで続いた。大戦で活躍した主要な輸送機は、ほとんどが本来民間機として開発されたものである。しかし、もとが旅客輸送を主にした設計では貨物の積み下ろしに問題があるため、やがて最初から貨物輸送を基本に考えた本格的な軍用輸送機が開発されるようになり、今日世界的にみられる形態が確立された。それは、主翼を高い位置に配し、降着装置を胴体に取り付け、貨物室の地上高を小さくするとともに、胴体後部に大きな扉口を設けるというものである。この形式により、積み下ろしの能率が向上しただけでなく、大型貨物の輸送や空中投下も可能になった。
 現在輸送機の中心兵力は、本国から戦地まで大量の装備、補給品、人員などを空輸する戦略輸送機と、戦域内の輸送を行う戦術輸送機である。戦略輸送機は長距離輸送を主とするためジェット機が主になっているが、戦術輸送機のほうは飛行距離が比較的短く、また短距離の滑走で発着しうる能力が求められるため、まだプロペラ機(エンジンはターボプロップが主流)が多い。
 このほかに連絡・軽輸送用の小型機(雑用機として分類されることもある)、医療設備を備えた患者輸送機、旅客機のような座席をもつ要人輸送機なども使われているが、これらは民間機を転用したものがほとんどである。また輸送機はその大きな搭載量と機内スペースを生かして、救難機、電子偵察機、空中指揮機、通信中継機、写真測量機、気象観測機、無人機発射母機などに改造されたりしており、攻撃機にした例もある。もっとも重要な派生型は空中給油機で、第二次世界大戦後に空中給油の技術が確立されると、軍用機の行動範囲は飛躍的に広がった。これは軍事航空史上でもっとも重要な変革の一つといえよう。[藤田勝啓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の輸送機の言及

【航空】より

…この定期航空網はしだいに地球上のいろいろの地域に広がり,旅客需要も増加していった。しかし20年代から30年代初めにかけては航空技術の進歩が比較的低調で,輸送機としては客席数20以下,巡航速度200km/h程度のものが多く使われており,交通機関として鉄道や船と対抗できるまでにはなっていなかった。ところが30年代後半,アメリカのダグラスDC3(28席,300km/h)で代表される輸送機の近代化が実現し,さらに第2次世界大戦の厳しい試練を受けて,戦後の輸送機は性能,信頼性とも格段の進歩を遂げた。…

※「輸送機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

輸送機の関連キーワード滑走路貨物保険コンテナセスナ輜重兵乗機陸上機僚機旅客機シーエア輸送

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輸送機の関連情報