コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットクータオ ワットクータオWat Ku Tao

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットクータオ【ワットクータオ】
Wat Ku Tao

タイ北部の都市チェンマイの郊外にある仏教寺院遺跡。この地を支配していたビルマ王プレーンノーンの墓として1613年に建てられたといわれている。こうしたことから、境内には椀を重ねたようなユニークなクータオ(ひょうたん)形にモザイクで装飾されたビルマ式のパゴダ仏塔)がある。これは仏陀が最初に教化したとされる5人の修行僧の托鉢の鉢を表すとされている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐クータオ(Wat Kuh Tao)

タイ北部の都市チェンマイの市街北部にある仏教寺院。16世紀初頭、同地を支配したビルマ王の墓として建立。玉ねぎを5段に重ねたような、独特な形状をした仏塔がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例