コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットチャロン ワットチャロンWat Chalong

2件 の用語解説(ワットチャロンの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットチャロン【ワットチャロン】
Wat Chalong

タイ南部のリゾートプーケット島にある仏教寺院。プーケットシティの南にある。島内の29の寺院の中で、最も規模が大きく、格式の高い有名な寺院とされ、地元の参拝者と国内外の多くの観光客が訪れる。17世紀のプーケット島は錫(すず)の採掘と中継貿易で栄えていたが、1879年に錫鉱山の中国人労働者の暴動があり、その暴動の鎮圧に活躍したルアン・ポー・チャエムとルアン・ポー・チュアンの2人の高僧の像が祀られている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐チャロン(Wat Chalong)

タイ南部、マレー半島西岸のプーケット島にある仏教寺院。プーケット市街の南西約8キロメートルに位置する。1876年、中国系移民の坑夫の反乱を鎮めた3人の高僧の像が安置されている。同島で最も格式が高い寺院として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone