コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンコーウィチ ワンコーウィチWańkowicz, Melchior

1件 の用語解説(ワンコーウィチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワンコーウィチ
Wańkowicz, Melchior

[生]1892.1.10. ミンスク近郊
[没]1974.9.10. ワルシャワ
ポーランドの 20世紀最大のルポルタージュ作家,随筆家。伝統ある貴族の家に生れ,クラクフワルシャワの大学で修学。第2次世界大戦中および戦後は 1958年帰国するまで外国にあって次々とすぐれたルポルタージュを発表。移民,亡命,戦争,文学,回想などさまざまな主題をめぐって,独創的な才気にあふれる文章で書いた。主著"Szczenięce lata" (1934) ,"Monte Cassino" (45~47) ,"Ziele na kraterze" (51) ,『ラ・フォンテーヌ水差し』 Karafka La Fontaine'a (74) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワンコーウィチの関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone