コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンストップサービス わんすとっぷさーびす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワンストップサービス

関連するすべての作業・手続を、一度で、あるいは1カ所で完了できるようになっているサービス。代表的な例としては、複数の支払い請求を一括処理するサービスや、1つの店舗で必要な物がすべて買える販売店などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

ワンストップサービス

新車の登録や車検など、複数の役所に出向かなければならなかった手続きを、自宅からインターネットでできるシステム。年間約4000万件にも上る車関係の手続きの簡略化が狙い。国土交通省が実用化を進め、一部地域で運用が始まった。行政手続きの簡素化を進める政府の重点計画の1つで、正式には自動車保有関係手続きのワンストップサービスシステム。本人確認のための印鑑証明書に代わり、住民基本台帳ネットワークのIDカードでインターネットに接続。住所や氏名などの情報を専用のサーバーに登録する。車庫証明書を発行する警察署や、自動車の検査・登録をする運輸支局、自動車税の納税証明書を発行する都道府県税事務所にはサーバー経由で情報が届く。各種の税金や申請に必要な手数料は、ネットバンキングや、コンビニエンスストアの金融機関の端末からも振り込める。手続きが済めば、車検証ナンバーは自動車販売店に郵送される。転居などに伴いナンバーを変更する場合、旧住所でのナンバーと車検証を運輸支局に郵送する手続きが加わるだけ。車検も、古い車検証を郵送する以外ほとんど同じだ。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

Wisdomビジネス用語辞典の解説

ワンストップサービス

ワンストップとは「一カ所、一度に」という意味で、ワンストップサービスとは、必要な調達やサービス、手続きなどを1つの事業者などが提供するもの。コンビニやスーパーのように、1つの店舗で複数の需要を満たすサービスの形態も該当するが、一般的には、システムベンダーやインテグレーターなどが複数の異なる製品や部品を組み合わせて、単独の窓口としてサービスを提供する場合に用いられることが多い。マーケティング的には、消費者への利便性を提供すると同時に、企業側では顧客の囲い込みができる点で有利とされている。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワンストップサービス【one-stop service】

一か所で異なった複数のサービスを受けられたり、多様な商品が購入できること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ワンストップサービスの関連キーワード国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約ワンストップサービス/ワンストップショップワンストップ行政サービスワンストップ・サービス電子自治体商品

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワンストップサービスの関連情報